一般社団法人 伊丹青年会議所

理事長所信

【はじめに】

社団法人伊丹青年会議所 理事長 中西 宏之

感謝・誇り・挑戦
~想いの強さと一歩踏み出す勇気~

 1949年、日本の青年会議所は戦後の焼け野原から「新日本の再建は我々青年の責務である」という高い志と使命感のもと運動が始まりました。その後、青年会議所の運動は瞬く間に日本全国に拡がり、1963年に日本で252番目のLOMとして伊丹青年会議所が誕生しました。そして、本年伊丹青年会議所は創立55周年を迎えます。今、我々が日々JC運動ができるのも、これまで長きに渡り先輩諸兄が繋いでこられた創始の精神や、市民・行政・企業・各種団体の方々と伊丹青年会議所との絆の賜物です。第55代理事長を仰せつかるにあたりここに改めて、感謝と敬意を表し、所信を申し上げます。
 私は2010年10月に伊丹JCに入会しました。入会前は仕事上の方との関わりばかりで、視野が狭く、目先のことばかり考えていました。しかし、伊丹JCに入会し、素晴らしい諸先輩方、そしてメンバーと切磋琢磨する中で、沢山の学びと気付きがありました。また、様々な外部団体への出向における経験や市民の方々との触れ合いの中で、市民としての意識の強さ、そしてまちを愛する気持ちが高まってきました。それはまさにJC活動を通して自分の意識が変わったといっても過言ではありません。JC運動は市民の意識を変えることと言われます。しかし、「誰もが世界を変えたいと思うが、誰も自分自身を変えようとは思わない」というロシアの思想家トルストイの言葉にあるように、自らを変えられないものに相手もまちも変えられることはできません。
 まずは、「相手を変える前に自らを変える」「自らが炎のように熱く燃え、周りを照らし、そして想いという熱をまちに伝播していく」「一人ひとりが高い志と熱い想いを胸に行動を起こす」そのような行動が、地域の明るい未来の糧となり、そしてまちを変える一歩へと繋がります。
 「成功の反対は失敗ではなく、挑戦しないこと」 刻々と移り変わる時代の中で、現状に甘んじるのではなく、未来を切り拓く情熱と気概を持ち、今を生きるJAYCEEとして、自らの成長とまちづくりのために挑戦を続けていくことが、何よりも必要です。失敗を恐れていては、何も始まりません。55年の伝統に感謝と誇りを持ち、伊丹の未来のために挑戦して参ります。

【創立55周年記念式典「不易流行」の実施】

 竹は節目があるから強く成長する。竹は単純に上へ伸びていくと曲がり、まっすぐ上に伸びることができず、支えきれません。そこで自らを支えるために「節目」があると言われています。竹は節目があるので、簡単には折れません。まさに周年の年は節目ではないでしょうか。節目の年であるからこそ、未来へ向かうために一度立ち止まり、「明るい豊かな社会の実現」のために、活動を重ねてこられた先輩諸兄の運動や今日まで協力を賜った皆様との活動の軌跡を振り返ることで、まずは皆さまに感謝と敬意を表し、愛する地域の発展や次世代を担う子供たちのために情熱を持って運動に向き合った先輩諸兄の創始の精神を引き継いでいくことが重要です。
そして社会環境が急速に変化する現在、私たちが為すべきものは何か、挑戦するべきものは何かを問い続け、今後も関係諸団体、関係各位と更に強固な連携を深めながら、地域への愛郷心を持った私たちの活動と運動で伊丹の未来を描き、次代へと繋いで参ります。
「不易流行」
いつまでも変化しない本質的なものの中にも新しく変化を重ねるものを取り入れて行くこと。
創立以来脈々と続いてきた創始の精神と地域との繋がり「不易」
時代を捉え、次代を創造するための挑戦「流行」

【まちの宝である子供たちへ向けて】

いつの時代もまちづくりの主体はそのまちに住んでいる「ひと」です。現在のまちづくりの主体が我々青年世代であるならば、未来のまちづくりの主体は次世代の子供たちであり、子供たちはまちの未来そのものであり、まちの宝です。
 しかし、現代の子供たちは自尊感情が低下しており、外国の子供たちと比べても極めて自尊感情が低いと言われています。自尊感情の低下の社会的要因は、ネット社会の普及によるコミュニケーションの変化や、両親の働き方の多様化、世代間交流の希薄化等様々ですが、子供たちの自尊感情を高めることが、自己愛や他者との関わりや思いやり、更に地域との関わりや愛郷心を高めることとなり、まちを変える原動力に繋がる第一歩になります。
 まずは、我々青年世代が手本となり、大きな夢を持てる社会を見せることが大切です。そして子供たちに困難な物事にチャレンジする気持ち、更にその困難に諦めず乗り越えていく気持ちを持ってもらい、自分の可能性を感じてもらうことが大切です。子供たちに、日常では経験ができない達成感と豊かな感受性を養える場を設けることで子供たちが主体性を持ち、夢や希望を育むことで未来を描き、一人でも多くの未来の宝である子供たちを育てます。

【会員拡大運動への昇華】

「人は人によって磨かれる。」 なぜ会員拡大が必要なのか。それは、LOMを存続させるため、まちに対してより大きな運動発信を行うことができるためですが、会員拡大の醍醐味は「多様な価値観との出会い」です。40歳までのJC活動の中で、地域のリーダーになるためには、人としての器を広げることが重要です。この器を広げ、更に磨いてくれるのが、共に同じ目的に向かって真摯にJC運動に取り組む仲間ではないのでしょうか。新しい仲間を増やすことが、メンバー一人ひとりの成長へと繋がり、そして地域のリーダーが増えることで、地域に対しての影響力が大きくなり、「明るい豊かな社会への実現」へと繋がります。
 会員拡大を成功させるためには、会員拡大を活動ではなく運動へと昇華させることが重要です。会員拡大運動とは、メンバー全員が会員拡大をする意義を理解し、会員拡大活動をメンバー全員で、組織的かつ戦略的に行い、メンバー全員で仲間を受け入れることです。また、組織としての魅力はもちろんですが、個人としての魅力がなければ、会員拡大は上手くいきません。
 しかし、会員拡大は仲間を受け入れることだけで終わりではありません。新入会員の育成が重要です。新入会員育成はJCの基礎知識の取得はもちろんのこと、機会を提供し、自己成長を実感させることです。その結果、新入会員がJCの魅力を感じ、前向きに活動することで組織の強化にも繋がります。
 2018年度、我々は次の創立60周年に会員数90名を目指すスタートの年とし、会員拡大を運動へと昇華いたします。

【むすびに】

我々がJC運動を邁進できるのは、先輩諸兄が志高く地域のために活動してきた結果であり、市民・行政・企業・各種団体の皆様の支えの賜物です。また、様々な問題に果敢に挑み、壁にぶつかりながらも困難や障害を乗り越え突破し、歴史を積み上げてきたからこそ、今日の伊丹青年会議所は必要とされる組織として存在しているのではないでしょうか。
 先人たちが積み上げた歴史と伝統に「感謝」と「誇り」を持ち、我々も何事にも失敗を恐れず「挑戦」し、想いの強さと一歩踏み出す勇気を持って青年の運動を発信しましょう。

社団法人伊丹青年会議所 理事長 中西 宏之